ずーずーの夢のマイホーム建築メモ
音楽ホールのあるマイホームの建築記録です。ずーずー@夫のブログにぴょろ@妻がツッコミを入れるという新しいタイプ!?のブログです。いや、一緒に住んでいるし、よく話してるんだけどまだ足りないみたい。^m^
最近の記事

プロフィール

zoozoo

Author:zoozoo
ずーずー(夫)@チェロ弾きとぴょろ(妻)@ピアノ弾き、音和(ねお)@ヨウム、テル@赤ん坊。四畳半の居間にはでっかいラックと本棚と‥‥ちょっと狭いよね、ヘ(´o`)ヘ。という訳で音楽ホールのあるお家をつくりたいな~となりました。土地探しから、設計、建築、住み心地までを記録していく予定です。

ぴょろのHP

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我孫子展示場でヘーベルハウス「そらから」と出会う
今日初めて我孫子の住宅展示場を訪れました。(思ったよりずっと近いところにあった)音楽ホールにかなりこだわりたいということもあって建築家の方にお願いすることを念頭に置いていましたが、今の賃貸マンションがあまりに狭くて、参考にならないので広さや仕様の参考のためにとりあえずということでした。(もちろん住宅展示場の住宅はとても広くて特別仕様も多いことは差し引かなくてはいけませんが。。)
赤ん坊のテルがいることもあり今日は選定の上、ヘーベルハウスとSXL、セキスイハイムを見学しました。はじめにヘーベルハウス「そらから」。営業のO氏は強引に進めるでもなく、素っ気ない感じでもなく自然体。その中にもヘーベルハウスへの耐震性、耐火性、防音性能、等々への自信にあふれている感じ。さらに学生時代にチューバを吹いたり、大学では歌を歌っていたとのことで音楽ホールに興味を持ってもらえて好印象。(ぴょろはもうこのときにヘーベルハウスに決定していたらしい。)補強工事をしなくても好きな場所にグランドピアノをおけるのもポイント。吹き抜けを比較的自由につくることができるという点も我々にはぴったり。
つづいてSXL。非常にモダンなつくりと斬新なアイデアが詰まった展示でした。(ただ、鉄骨住宅育ちのぴょろは木造ということで却下だったらしい。残念!!)音楽ホールを造るのには補強工事や防音設備などいろいろ追加でかかりそう。
3つ目はオール電化のセキスイハイム。直方体の鉄骨フレームを組み合わせる工法は安心感があったが音楽ホールの吹き抜けには制約がありそう。部屋の真ん中に梁ができちゃうらしい。
帰ってきていろいろ話したけれど、結局ヘーベルハウスしかなさそうだということになった。当初は建築家に頼むことも考えていたけれど、(1)初めてのことだし(ほとんどのひとが初めてか?^_^;;)信頼できるハウスメーカーに頼んだ方がよいだろう。(2)ヘーベルハウスなら床の補強工事も必要ないし防音もある程度確保できる。(3)音楽が好きである程度はなしの分かってもらえそうな営業のO氏はよい人そうだ。ということで決定。他のハウスメーカーで相見積もりをとる必要はあるかもしれませんが、ヘーベルハウスでしばらく進めることにしました。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuhzuh.blog22.fc2.com/tb.php/8-31f7adcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。